カードローンのリボ払いとはどのような返済方法か

カードローンの多くは返済方法をリボ払いにしています。

この返済方式は借り入れ残高に関係なく毎月決められた金額を返済するものです。

返済金額が一定であることから利用額が増えても負担が増えないので利用しやすく見えますが、これがこの方式の落とし穴になります。

返済額が一定でも利息は残高全てに対してかかります。そのため、残高が増えると返済額の占める利息の割合が大きくなり、元金が減らなくなっていきます。

これによって完済するまでの期間が長期化し、利息の総額が膨れ上がります。また、現在の借り入れ残高が増えているという意識が弱くなり、返済能力を超える借り入れをして債務整理に陥る危険性もあります。

このような問題点があることから、カードローン会社では利用残高に応じて段階的に返済額が増えるような方式にしているところも多いです。

この場合は返済額が増えるため、借り入れ残高の増加を意識しやすくなっています。

しかし、設定されている金額をそのまま返済し続けた場合、残高が減れば返済額も減るため、やはり期間が長期化します。

そのため、リボ払いを利用する場合は返済額を意識すると安全です。

返済額を自分で変更できる場合、高めに設定しておくことで元金が減りやすくなり、利息の総額を削減できます。

また、繰り上げ返済に対応している場合、お金に余裕ができたときにこれを利用して元金を減らします。

繰り上げ返済を利用する場合、カードローン会社によっては手数料がかかったり、連絡が必要になることもあるため、手間の少ない会社を利用すると良いです。

サブコンテンツ


このページの先頭へ